2007年08月12日

モンゴル旅行4日目〜もう帰るの?〜

P8100208.JPG

この風景ともお別れです。

『モンゴル旅行6日間』と銘打ったツアーでしたが、『行きが深夜発で、帰りが早朝着』。
だから、モンゴルに居られるのは実質4日間だけなのです。

しかし、帰る日には帰る日なりの使命がある!!
そう。
お土産を買うこと!!


ぶっちゃけ、べーやんは土産物屋さんが大好き。

「玄関に飾ったら絶対にお客さん驚く!!」といったお面が売ってたり、
「何処で着るんだよ?」といった民族衣装が売ってたり、
「・・・食べれるの?」と疑いたくなるようなお菓子が売ってたり♪

お土産、とりわけ海外のお土産ってどうしてこんなに怪しいもの売っているんでしょうね?
この怪しさと「次にいつ来れるか分からないし・・・。」という懸念のせいで、

『普段の倹約方針はどこへ?』

と聞かれるくらい、とにかくお土産を買っちゃいました。

購入品は・・・

・民族衣装は2タイプ。
(でも、夏用ではないから着るなら秋以降かな?)

・怪しいモンゴルの占い道具。【動物の骨製】
(一応、現地のガイドさんにも説明して貰ったり、説明書も読んだがイマイチ使い方分からず・・・。)

・フェルト製のコースター。
(会社でまいた。結構可愛かった。)

・巾着袋。(大と小)
(柄が綺麗だったんでねぇ〜。)

・首飾り。
(これはオオカミとか肉食動物の歯から出来ているもの。購入後、ずっと付けてました。いざとなったら、武器に出来そう黒ハート

・ランチョンマット&箸のセット
(会社に結婚予定の人がいるのでプレゼント♪来月挙式予定。)

・カシミヤマフラー
(日本で購入するよりはかなり安い。でも夏にマフラー買うってのもねぇ〜〜?まあ、結局買ったんだけどさ。)

・ゲルのミニ模型
(スーツケースに突っ込んだら、潰れちゃったたらーっ(汗)

・フェルト製のスリッパ(もしくはルームシューズ?)
(これも冬用。滑らないかが少々不安だが。)

・皮製のペンケース&キーケース
(一応、カンパを貰ったので、父へ。)

・皮製のキーケース
(こっちは自分用。頻繁に鍵をなくすので何かつけようかと思ってたから。)

・椅子
(折りたたみではない。背もたれなくて手でも運べる小さいサイズの椅子。ゲルに置いてあったのと同じのがあったので、購入♪)

・ポストカード
(セットで購入した分と別に、各みやげ物屋で細かいおつりの代わりに何枚か貰いました。どれも絵柄は大草原。)

・お菓子
(中身はチョコレート。会社でまいた。家用にも購入したが、母曰く「日本の方が美味しい」。そんなことは分かってるわむかっ(怒り)

・乾燥チーズ
(コレは遊牧民の保存食。現在会社で配っているが、中々完売せず。みんな、逃げるなぁーーーーっ!!!)

・魔よけのお面
(こちらもスーツケースに詰めた際に、破壊・・・ではなく損傷。要修理。)

・フルーツジュース
(これ、空港でのどが渇いて購入したんですが、残りを持って帰ったら母が全部飲んじゃったあせあせ(飛び散る汗)意外と美味しかった。)


・・・なんだか、こうして列挙すると凄い数を購入したように感じるなぁ〜。

でも、べーやん家では1名を除いて、皆、たいていコレぐらい買ってきちゃう。

だって、面白いんだもんお土産屋さんハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)


しかし、こんなに購入したお土産が翌日にあんな悲劇に合おうとは・・・ね。

 
 
 
posted by べーやん at 22:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

生きるために食べる非常食災害時の第1食目
Excerpt: 喉が渇きにくい、原材料を使用しています。 5年間、変わらない品質〜保存性・安全性抜群 すぐ体内に1食分のカロリーを確保できる、携帯コンパクト非常食です。食べた後、素早く吸収され、体内特に脳のエネルギー..
Weblog: 保存食をいっぱい集めました
Tracked: 2007-08-19 18:46